« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

転売日記(2005/08後半 好調)

<メモ>
青箱暴落
空きビン下落

<ここ2週間の転売>
1週目:13M稼いだ
2週目:26M稼いだ

青箱暴落の時には、放出低価格を12M分仕入れて一晩で必死に売り切って+1.5Mの利益。勇者証はヒーロークエスト材料の時の経験が役立って、堅実に転売利益が出てる♪新しい商品も開拓したが、利益が小額でいまいち。

<育成>
AGIナイト消して、VIT槍騎士作り始めた。転売に飽きても、これがあれば転売に頼らずお金を稼げるだろう。
VIT槍育成

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転売日記(2005/08前半 好調に稼いでます)

<メモ>
・某商品の儲けの手口を模倣する人が現れたかも。偶然だといいのだが、真似されると利益が減ってしまうだろう。まあその時はその時でしょうがない。どうせ真似されるのは時間の問題なのだから。
・殴プリでアユタヤダンジョンに初めて入った。ベース経験値ウマー。沈黙を緑Pで治すのがめんどいのでピアレスビレタ作成。
・盗蟲の雄と雌間違えて買った。安い商品だからよかったが、気をつけねば。
・相場は下降傾向。仕入れは下落を考慮したほうがいいな。

<ここ10日間の転売>
・約16M稼いだ。詳細は秘密だが、このうち8Mぐらいは運のおかげ、残りは努力あっての稼ぎ。

<ステータス>
・STRが補正込みで80台になった。
・+8トリプルタイタンチェインから+10トリプルハロウドチェインに装備強化
status

<アホな失敗>
スキル再振りができるうちに、露店専用になってる元戦闘BSを、メマー10削ってOC4→OC10にしとこうと思ってジュノーへ。

ポタ広場で時計かジュノーのポタをチャット出して待つも、運が悪く出ないので、カプラ転送で行った。昔は転送代をけちって、時計までテレポベルトで歩いたりしたのに、カプラで行くなんて我ながらリッチになったもんだと思いつつ、ジュノー到着。

そして、スキルの振り方を確認しなおして、いざ再振り分けしようとしたところ・・・
skill_reset
だいぶ前から商売専用になってたからLvがいくつだったかなんて全く覚えてなかったYO!

結局、スキル振りの皮算用に時間使ったあげく、転送代損した結果に終わるw
詰めが甘いなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転売日記(2005/07後半 9M損失の復讐)

<メモ>
・アユタヤ実装、露店の最高設定額が10M→100Mへ変更。新装備実装。ダイヤギャンブル実装。
・学生さん達が夏休み突入。全体的に活性化?
・エルオリの原石がよく売れたが、詐欺露店が買占めをしたのが原因ぽくて素直に喜べない。
・エルオリが意外に売れてる気がするのは、ダイヤギャンブルで装備の流通が増えたからだろうか?
・通常狩りで、S3チェインが出た。700kぐらいだけど久しぶりのレア。

<9M損失!>
9.2Mで+8トリプルタイタンチェイン仕入れて、10Mで売る。・・・そのつもりが、桁間違えて1Mで売って9M損失(゚Д゚)、(正確には8.15Mの損失だが1M儲ける機会を失っているので併せて約9M損失という認識)
screenodin230_2
10M超の露店出せるようになったばかりで8桁の数字に慣れてなかったんだー(つД`)と言ってもただの言い訳。このミスは二度としない!

この悔しさから、転売の猛チャージをかけ、約10日で14M稼いだ。

<転売品と利益のメモ(高額のもの限定>
マミーC転売:500k
枝:300k(3k*100)
商品名秘密:100k
商品名秘密:1.8M(複数)
+8チェイン:400k(200k*2)
ソルスケC:300k
勇者証:75k
商品名秘密:600k(複数)
商品名秘密:200k(複数)
商品名秘密:700k(複数)
商品名秘密:200k(複数)
商品名秘密:150k(複数)
枝:120k(2k*60)
矢リンゴ:100k
+6動物バックラー:350k
青ハブ:360k(個数失念)
矢リンゴ:100k
商品名秘密:5M(結構高額商品)
商品名秘密:1.8M(複数)
商品名秘密:210k
+9トリプルフレームチェイン:1M
商品名秘密:100k

普段よりハイリスクな勝負に出たせいもあり、相場が暴落した商品を赤字になる前に売り抜けたり(普段はもっと慎重だからこういうことは滅多ない)、実装されたばかりで相場が10Mなのか40Mなのかもわからない装備で5M儲けたり(普段はこんなギャンブルやらない)、心臓に悪かったのだが、こうしてメモを取り(普段はこんな詳しくメモしない)損失を取り返せたと明確に分かれば、9M損失の心の傷も癒えるのだ。

桁間違えは恥ずべき失敗だが、その後の成果は悔しさをバネに頑張った証拠、まさに「失敗が己を強くする」というものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »