« 転売日記(2005/08後半 好調) | トップページ | メモ »

Sフード販売の反省

街を歩いていると、
買)Sフード
というチャットがあった。

希望価格を書いてなかったのが気になったが、相場5kの安装備だから、困ってるならただであげてもいいぐらいの気持ちで入ってみた。

======================
自分:こん~
相手:こん~
自分:いくらで欲しい?
相手:30kぐらいじゃ駄目かな~
自分:そんな高すぎ~10kでいいよ
相手:本当?安くなったんだね。
~取引完了~
自分:ありがとー
相手:ありがとー
自分:そうそう、今鍛錬代半額だから、カンカンするといいYO!
相手:本当?ありがとー!
======================

という感じで終了。

「鬼ww」 と言う人がいるかもしれないが、あえて言おう、これでもまだ「甘い」と。

相場5kのものを10kで売りつけて5kの利益が出てはいるが、30kあるいはもっと高く売れるチャンスがあるのに、それにチャレンジしようとせず、少ない利益を確定させて満足しちゃっているのは甘いのだ。

どうすべきだったのかといえば、何か探りを入れ相手を判断した上で、

(相手が貧乏の場合)
自分が損しない金額でいいなら安く売ってあげる、そして安く売ってあげたと恩を売る

(相手が金持ちの場合)
相手が気分を害さないぎりぎりの高い金額で売りつける

(相手がしっかり相場感を持ってる場合)
相場前後で交渉して売る

とできればよかったのではないかと思う。むろん、「探りを入れる」のは簡単なことではなく、商売文句を覚えたりして経験を積まないと、うまく探ることもできず、今回みたいになってしまうのだろうが、高く売るにせよ安く売るにせよ、工夫もせずにただ売るのは「甘い」、ということなのだ。

|

« 転売日記(2005/08後半 好調) | トップページ | メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48852/5791629

この記事へのトラックバック一覧です: Sフード販売の反省:

« 転売日記(2005/08後半 好調) | トップページ | メモ »