« 2007年7月 | トップページ | 2009年8月 »

第63話~64話、クエストラスボス戦、解説

ハチワンダイバー第64話、投了図でなんで勝ちなのかわからず、将棋版に解説依頼しようとしたらアクセス規制で投稿できずwww仕方なくボナンザの力も借りて解析してみました。

元の棋譜は、2ch将棋版ですら、

54 :名無し名人:2007/11/30(金) 03:57:27 ID:3yYFo/VL

ttp://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display&kid=35125

55 :名無し名人:2007/11/30(金) 07:24:05 ID:2M8ZXpaH
>54
なにこの難解な将棋wwwwwwwwwww

と言われる難解な勝負、どっちも指したくありませんwww。
興味ある方はリンク先を見てください。

63話あたりで、

ハチワンダイバー63話1

先手が有利そうなものの、はっきりとした勝ちが見えない状態から、菅田がダイブして上図(▽2六飛行まで)から、
▲同金、▽同飛、▲3三金、▽2九金、▲4九王、▽3三角、▲3一飛、▽4二王、▲8一飛成、
のように進み、完全に終盤になりました。

ハチワンダイバー64話1

敵のセリフの「老獪な!」の意味ですが、

普通なら「終盤は駒の損得より速度」なわけで、桂を取って遠くに竜を回しては、敵に1手渡すのがそれ以上に大きくて損に感じるのですが、この局面では、
・敵に1手渡してもリードを詰められる手段がない
・敵がベストの手を指してもリードを守ったまま勝てる
・相手がミスすればカウンターで早く勝ちに近づける
という状態を菅田は見切っていたようです。

そして敵には指す手がたくさんあるのですが、通常ならたくさん手があれば逆転のチャンスがどこかにあると期待が持てるのですが、諦めずに逆転を信じて考えても考えてもいい筋が見つからなかった時は精神的につらいですし、選択肢が多すぎるせいでベストな選択肢がわかりにくくなることもあり、プロの実戦でも手を渡されてミスしたという例は多くあるようです。

このような指し方は、純粋で一本気な若手の好みとは合わないので、「老獪」と評されるのだと思います。プロの将棋解説では「手を渡す」といった表現で高級戦術と評されるようです。

そして、▽3六歩、▲4六桂打、▽4三銀、▲4五桂(上がり)、▽4四角、▲5四桂打、と進み、3連続で桂馬を指した後の図がこれ。

ハチワンダイバー64話2

そして、投了図までは、▽3二王、▲3三歩、▽2三王、▲5三桂成、と進んだようです。

ハチワンダイバー64話3

桂は使い方ミスると、するすると抜けられてしまいますし、先手は持ち駒が歩しかなく、攻めが切れないか心配になったのですが、コンピュータの力も借りて調べてみると、1三王は詰み、他はどこに逃げても、銀を補充されて一手一手。

投了図にいく前に、▲5四桂を銀で取ったり、2三でなく2二に王が逃げても、銀を取られて一手一手だったり、守りまくっても▲2七歩を打たれると攻めがなくなり飛車も攻撃目標にされたり、すぐに先手王へ迫る手がなく銀金を渡す攻めをするとカウンターですぐ詰まされるなど、絶望的な状況なようです。

今回の勝負は、投了図がわかりにくかったのですが、最初から最後まで神経戦の描写が秀逸で素晴らしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2009年8月 »