« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »

ロード初心者のヒルクライムレース挑戦(第1回榛名山ヒルクライムin高崎)

ニコニコ動画にこんなものをUPったのですが、
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21002316
そこで伝えきれなかった内容をお話します。

動画の内容からは、そこそこ健脚な人と誤解されるかもしれませんが、中の人は、あまり運動は得意ではなく、ロード買って4か月の初心者が、初めて参加したヒルクライムレースでした。

(其の1)きっかけ
ロングライダース読んだりしてるうちに、ロードが欲しくなり、
→1年半乗ったクロスを手放し、ロードを購入
(Giant Excape R3.1 (2011) → Giant Defy1(2013))
ニコニコ動画見てるうちに、レースやブルベにも参加してみたくなり、
→ロード買った時期にエントリー始まった榛名山ヒルクライムに勢いで申込

(其の2)ロード購入後の恐怖1
最初の1か月は、ドロップハンドルに慣れるのに費やしました。

クロスのVブレーキに比べると上ハンのブレーキは制動力が弱く、下ハンブレーキは力の加減が難しく、また、下ハン持ち替えが最初はうまくできなかったので、慣れるまで峠に行くのは自重してました。

このまま安全にダウンヒルできないと、ヒルクライムの練習もできず、練習できないまま本番になってしまわないか、不安がありましたw

(其の3)とりあえず和田峠
その後、ダウンヒルも安全にできる自信がついたので、和田峠へロードの実力を試しにヒルクライム。

クロスで32分かかったのがロード28分でクリアできて、結果オーライだったのですが、

その直前には恐ろしい出来事があり、

和田峠に行く前に、ロードのギヤ比はクロスと比べてどうなってるのか、ふと気になって調べてみると、一番軽いギヤ比は、
クロス(R3.1):0.88
ロード(Defy1):1.21
と、約1.5倍もきつくなってることに気づき、顔がひきつりました。

クロスでも超きつかった和田峠を、1.5倍重いギヤで登れるのか?押し歩きになる羽目になるんじゃないか?と、不安Maxでのチャレンジだったのですw

ロード(Defy1)のギヤは、50/34 12-28Tなので、ロードとしては普通か軽目のギヤがついてるので、クロス(R3.1)のフロントトリプルのギヤ設定が、ロード以上にヒルクライム向けなのかもしれません。

(其の4)ビンディング怖い
私の自転車の用途的に、速さにこだわる必要はなく、ビンディングは信号の多い都市部で支障が多かったり、何より「立ちごけ」が怖かったのですが、

自転車の読み物を読んでると、ロード乗りはビンディング使うのが当たり前みたいな雰囲気があったりするし、レースに参加する以上、ベストを尽くして取り組みたいので、
片面SPDペダル:PD-A530
シューズ:ShimanoのMTB用SPDシューズ
を購入。

最初の2か月ぐらいは、公道ではフラット面を使い、CRと都市部を離れ交通量が少なくなってから、ビンディングを使うとか、安全優先で使っていたので、神経疲れました。

その後は慣れて公道でも普通に使ってますが、信号の多い都市部では両面使えないストレスが重いですね・・・

(其の5)榛名山は初心者向きでない激坂コース
クロスでも、
・和田峠
・赤城山
・碓井峠
・裏ヤビツ
を登ったことはあったので、
勾配が14%といっても、瞬間的に14%があるだけだろう?和田峠よりきつい峠なんて、そうそうあるわけないよ、赤城より短いんだから、大丈夫だろう、と思ってたのですが、

コース図をよくみると、後半は和田峠が1.5倍くっついてる感じじゃありませんかw

まあ、初心者だから安全に完走目指せばいいよね?タイムは後からついてくるよね?と気持ちを切り替えて臨むことにしました。

※東京の人は、とりあえず和田峠チャレンジしとけば、たいていの坂は怖くなくなるんじゃないかと思います。

(其の6)初めての榛名山試走
詳しくは、別記事を参照。一応、足もつかずに完走できたのですが、神社の後がヤバイと感じました。

普通の天候や体調なら、10回登っても10回完走できるでしょう、公式には最大斜度14%、ガーミンが時々16%を表示していたとはいえ、特別ヤバイ感じはないです。

ただ、激坂付近では、余裕のない走りになっていたので、激坂の途中が渋滞してたりしたら、安全に走れるのか?レース当日悪天候だったりら完走も怪しくないか?、と不安になりました。

(其の7)安全に完走するためのトレーニング
試走で、ただ完走するだけなら見込みは立ったので、次は、安全に神社以降を登るためにどうすればいいか考え、

極論すると、激坂においては、遅くしか走れない=危険、速く走ることもできる=安全、
という結論に達し、どうすれば速くなれるか考え、

ロングライド中も、効率的なダンシングや、フォームの乱れ呼吸の乱れをどう制御するかなど、考えながら走ってみました。

普段、トレーニング目的だけで走ることはほとんどないのですが、レース直前1か月には、片足ペダリングの練習もしてみました。最初はカックンカックンしてたのが、少しスムーズになったり、「くるくる回す」感覚がつかめるようになりました。

(其の8)水分補給
試走時には動画を撮ることにしてます。UPしてるのはこれだけですが、その後、コカンメラで撮影した試走動画(非公開)には水分補給の様子がばっちり映っていて、

キャップオンキャップで水分補給してる時、
・スピードが落ちてる
・蛇行してる
・ゲージにボトルを戻すのが下手だとかっこ悪い←動画UPする上で重要

ということに気づいたり、

2回目の試走でキャップを忘れ、水持たずに走ったら、水分補給なしでは最後まで持たないと気付いたりしたので、走りながら水分補給する練習を、レース直前に何度も行いました。

普通にロングライドするなら、止まって安全に水分補給すればよく、そんなに急いでどうするの?と思ってましたが、レースでは停止して水飲んだりしたらタイムがもったいないですからね。

(其の9)前日までの準備
本番当日はAM3:30起床しなければならず、これが14%激坂以上にきついので、
1週間前から起床時間を早めて早寝早起き生活に移行。

1週間前の天気予報は、前日40%当日50%の降水確率で、気分もどんより。初めてウェット系オイルを買い、注油して週末に備えました。

2日ぐらい前にはかろうじて天気もちそうな予報に変わり一安心。

前日は早朝の新幹線で、軽井沢へ。早朝でも長袖では暑いな、と気温を確認したり、軽めのヒルクライムをこなしつつ、北軽井沢から二度上峠を下って前日受付会場へ。

(其の10)当日
早起き成功!、これで勝つる!
朝、う○こが出ずに時間ロスしたり、
計測チップをつける向き間違えたりしたり、
動画撮影カメラのスイッチ入れ忘れたりしましたが、
だいたい順調で、
よい記録を出せました。

・・・と、榛名山を余裕で登ったように見せかけてる例の動画の裏ではこんなことがあったわけです。
以上、初心者のヒルクライム参加の苦労話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWロングライド、秩父~榛名山~北軽井沢

GW後半、秩父の芝桜が綺麗と聞いて、1泊2日のプチ旅行に出かけてきました。


荒川CRを上流へ。大宮付近では田植え風景、
P1010502


物見山で動物園に入る渋滞がありましたが、他は特にGW渋滞もなく、白石峠に到着。
Photo_10


峠の上に移動販売車が来ていて、赤コーラGET。アイスモナカ80円も魅力的でした。
Photo_11


秩父へは奥武蔵グリーンラインから大野峠を利用。道はそんなひどくなかったものの、何か踏んでしまったのかパンクしてしまい時間ロス。


羊山公園はGWのせいもあって混んでましたが、芝桜を堪能して、
P1010509


武甲山も一緒にパシャリ。
1367655501308


自転車屋さんを調べてチューブを補充し、
P1010513


峠を1つ越えて高崎へ。1日目の走行距離は160Km、獲得標高2000mぐらい。1200ぐらいしか登った実感ないからこの獲得標高はおかしいかも。


東横インにチェックイン後、飯を食べに街に出たものの、ファーストフードが駅の中のロッテリアしか見つからず。後で探すと松屋が西口に見つかったぐらいかな?結局西口1Fの中華料理屋で晩飯。

榛名山ヒルクライム前日は晩飯難民が出ないか心配( ̄Д ̄;;
当日の朝食も駅付近のコンビニから補給食が売り切れそうだから、東京からスポーツ羊羹買っていくのが無難かな。


高崎駅付近は、東京と比べると道路に人が少なく、ファーストフードより居酒屋系が充実し、タクシーより車の代行サービスが目立つのが、印象に残りました(* ̄ー ̄*)


~翌日~
3回目の榛名山ヒルクライムの試走へ。


試走に来てる人が多く、同じぐらいのスピードの人を目標にペース維持したり、自分のリズムを崩さずかつ安全に追い越すなど、普段はできない経験を積みながら、神社まで58分30秒、ゴールまで1時間23分30秒ぐらい、でベスト更新。
Photo


GWで、神社付近は車が詰まってたり、湖畔のロッジ付近は観光客がたくさん来てました。
P1010537


ヒルクライム当日はロープウェー登って観光する暇はないみたいなので、今回登っておきました。なかなかいい眺め。
P1010533


その後は、榛名山を北へ降り、吾妻川をさかのぼり、八ッ場ダム予定地と河原湯温泉を超え、羽根尾から中軽井沢へ。
P1010542


榛名山を下りてから、長野県境付近まで、標高差約1000メートルを約40Kmほぼずっと登り基調で、3回ほど休憩しながら中軽井沢へ到着。きついところも5%勾配が5Km続くのが2回とか、榛名山ヒルクライムのコースに比べれば全然ぬるいのですが、40kmも登り基調を走ったのは初めてでなかなかマゾかったです。
Photo_2


林間の涼しいコースを堪能し、
1367742190909


軽井沢では、道路も林も区画全体に整備が行き届いた高級別荘地と、背景に荒れた空地があるミスマッチ感のあるおしゃれな建物やら、不動産屋率の高い軽井沢駅北口やらをWATCHして(≧∇≦)


碓氷峠(旧道)をダウンヒルして、横川から輪行で帰りました。


2日目は走行距離125Km、獲得標高2450mぐらい。
この調子を維持して、榛名山ヒルクライム本番に臨みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八ッ場ダム、川原湯温泉へ(2013/4/29)

榛名山ヒルクライム試走の後、前から行ってみたかった八ッ場ダムと川原湯温泉へ。


榛名湖からは、北に15Kmダウンヒル、西にゆるい登りを15Kmで、結構近いのです。
Photo_7


気持ちよくダウンヒルして、
P1010455_2


吾妻川を渡り、
P1010459_2


しばらく走ると、変な橋が見えてきました。変なオブジェだなーと思ったのですが、後で調べたら鉄道用の橋でした。
P1010460_2


ダムのイメージを、ダムマニアの方が作られた「どこでもダム」というサービスを利用して表示するとこんな感じ。川も道も線路も湖の底になっちゃうので、両岸に道を作り直し、線路も敷き直してるわけです。
Photo_8


さらに進むと、工事中のでかい橋が見え、
P1010462_2


そして川原湯温泉入口。10年前かもっと前だったか、以前来た時は、「さようなら川原湯温泉」の横断幕があったり、入口付近にもっと建物があった気がするのですが、寂しい雰囲気になってしまっています。
P1010466_2


当初、資料館的な「やんば館」という建物を目指して来たのですが、タイミング悪く2日前に、道の駅「八ッ場ふるさと館」に中身が移ったそうなので、そちらにルート変更。この写真の山の上側にあるっぽいのですがいい道がなくて困りました。最初から道の駅を目指す場合は、川原湯温泉街の中を通って山の中腹に登り橋を渡るのがベストルートのようです。
P1010470


途中、激坂を押し歩いたりしながら道の駅「八ッ場ふるさと館 」に到着。
1367224044356_2


中身は普通の観光地の道の駅。施設の奥にジオラマ模型とかパンフレットがありましたが、社会科見学には物足りない狭さ。来た時間が遅かったので、解説の人も帰られていたみたいでした。
P1010474


補給に、柏餅を買ってもぐもぐ、
1367224142125_2


道の駅の横にある橋から、さっきまで走ってきた下の道をパチリ。
P1010477_2


将来は下のようになるのかな、とイメージしながら今の風景を目に焼き付けて進みます。
Photo_9


その後、川原湯温泉街へ。水没地区の代替地の造成工事や、
P1010479

新駅の建設工事、
1367226930746

営業中の旅館、
1367227210879

などを見て、この町が今後どう変わっていくのか考えながら、岐路に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒川CR岩淵付近、工事区間迂回ルートについて

荒川CRの工事が、2013年4月中旬?から、
岩淵水門の南側付近をわかりにくい市街地ルートで迂回せざるを得なくなり、
道に迷う人が続出してるようなので、解説を作ってみました。
※その後、工事終わって荒川沿いを走れるようになりました。(2013年6月23日確認)

荒川CR岩淵付近、工事区間迂回ルート(2013年5月)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20751648

【最短】荒川CR岩淵付近、工事区間迂回ルート(2013年5月)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20751750

荒川CR、ハートアイランド、隅田川沿いで岩淵水門ルート
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20751699

ニコニコのコメント機能は、ミスを指摘してもらえたりするのがありがたいので、
あえて動画にしてみました。
blog読むのに比べ、視るのに時間がかかりご面倒かとは思いますが、
短く編集してみましたので、迂回ルートを探してる方には、是非見て頂ければと思います。

youtube版も用意しました。
http://www.youtube.com/watch?v=4vhpRLieN1M
http://www.youtube.com/watch?v=fiwSBn1zvUM
http://www.youtube.com/watch?v=ssgRXAFwPJc


動画の素材にもなってる図もUPしておきます。

↓工事前後比較
(当初、GoogleMapとGPSログ組み合わせようとしたのですが、川が直線的に走ってるイメージの人には実際の地図を見せると逆に混乱させてしまいそうなので、デフォルメしてみました)
Photo

↓シンプルコース(わかりやすさ優先)
Photo

↓右手の法則コース(難しいこと考えずに走りたい人向け)
Photo_3

↓最短コース
Photo_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年8月 »