« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »

UltraRankingに勝手にジャンプする件、対策とか簡易まとめ

Q.自分のサイトが勝手にUltraRankingに勝手にジャンプするようになった。どうすれば治るの?
A.アクセス解析サービス、Ultrarankingを使ってませんでしたか?
心当たりがある人は、設置してたタグを削除しましょう。そうすれば治ります。

Q.読みたいサイトにいったら、ultraranking.comにジャンプして読めない。どうすれば読めるの?
A.Javascriptをオフにすれば、回避できるでしょう。
ブラウザやウィルス対策ソフト等の設定でブロック機能があれば、ultraranking.comドメインごとアクセスできないようにしてしまうのも有効です。根本解決するにはそのサイトの管理者さんが対処するのを待つしかないです。もし管理者さんに連絡取れるなら教えてあげてください。

Q.いつからこうなったの?
A.自分が発見したのは、2013年8月27日。whois情報から推測すると、2013年8月17日以後から。

Q.原因は何?
A.推測入ってますけども・・・
昔々、UltraRankingというアクセス解析サービスがありました。
2011年ぐらいまではサービスは正常でした。
その後サービスが終了し、ultraranking.comのドメインが手放された後、
そのドメインを取得したどっかの広告会社が、
UltraRankingの解析タグを使ったページのアクセスを、
広告ページに強制誘導する仕込みをした結果、
UltraRankingの解析サービスの設定を消してないサイトが、
広告ページに勝手にジャンプする動作に変わっちゃいました。

Q.なんでこんなおかしなことが起きるの?
A.難しい話になるので、
「ドメイン 失効 乗っ取り リダイレクト」
とかでググってみてください。

なお、ultrarankingのタグが原因でリダイレクトされる現象は、
ウィルスに感染したとか、パスワードを破られて改竄された、のとは違います。
その辺の心配は無用かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期限切れドメイン悪用の間接被害にあった。さようならUltraRanking

UltraRankingというものをご存じの方はいらっしゃるだろうか?

2000年前後には存在してたアクセス解析サービスで、
・レポートはanalog形式(ページ別、期間別の、PVや検索ワードといった基本情報から、OSやディスプレイの解像度情報など)
・利用者は解析したいページにタグを張り付けるだけ
・有料版は広告なし、無料版はUltraRanking有料版の宣伝バナーが表示される。
(テキストサイト全盛の時代に広告バナーはカッコ悪かったが、近年のバナー広告のようなエロいかがわしい雰囲気はなかった)
・サーバのログが一定容量超えるか、6か月だったか一定期間経過で、強制的にレポート送付。

と、当時としてはかなり優秀だったと思う。

今はカウンターやアクセス解析機能はブログの標準サービスだが、当時は自力でフリーのカウンターcgiを設置する時代だったし、アクセス数が多くなって嬉しい悲鳴を上げてた少数の人達が「こういうサービス入れると便利だよ」「へーすげぇ!」としゃべってた時代で、Ultrarankingを運営していた会社もアクセス解析のビジネス化を狙って時代を切り開いていた1社だったのだと思う。

自分は2000年頃にHPを作った後、
(このブログではなく別URLにある。今となっては黒歴史サイト)
とある出来事をきっかけにUltrarankingのアクセス解析を導入した。

やがて更新するネタもアクセス解析する意欲もなくなっていたが、10年経過してもそこそこアクセスはあるHPなので、

3カ月置きぐらいに届くレポートを見て、リンク元を見てニヤニヤしたり、様々な変化、たとえば昔はリンク元を見て2chのどの板からきたか解析できたが、やがてわからなくなったとか(2chでURL踏むとジャンプページが現れる仕組みがなかった時代はリンク元の板やスレを特定できた)、リンク元には多種多様な個人サイトやプロバイダーが出ていた時代から、リンク元の99%がGoogle検索に変わるなど、時代の変化を感じるレポートとして楽しむことができた。


そしてUltraRankingを利用しはじめてから13年ぐらい経過しただろうか?

ふと自分のHP(このブログでなく別の黒歴史HP)を見に行くと、広告サイトにリダイレクトされるようになっていた。

最初は、
誰だ!俺の黒歴史HPを改ざんしやがったのは?
と思ったのだが、

リダイレクト先URLがultrarankingだからすぐに、あの無料アクセス解析サービスのせいか!と心当たりがつき、アクセス解析タグを外してUPし直し、復旧させることができた。


どうやらこういうことだったようだ。

(1)2011年ぐらいまではUltraRankingのサービスは正常稼働
(2)2011年~2013年8月の間のどこかで、サービスは終了、ドメインの期限が切れる
(3)最近、どっかの広告業者がドメインを奪取

その結果、UltraRankingの運営側ドメインだけでなく、サービス利用者がタグを設置したHPまで、UltraRankingのドメイントップの広告ページに勝手にジャンプされるような動作になったようだ。
※ちなみにJavascriptオフにしたら勝手ジャンプは起きずに正常なページが表示される


サービス終了したドメインが、広告業者に転用されたり悪用されて、ブランド価値を落とすような問題が起きている、そんな話は聞いたことはあったが、

まさか自分のプライベートのサイトまで、間接的な形で巻き込まれるとは思ってなかった。

貴重な経験なのでメモ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年10月 »