« 期限切れドメイン悪用の間接被害にあった。さようならUltraRanking | トップページ | 赤城山ヒルクライム反省点 »

UltraRankingに勝手にジャンプする件、対策とか簡易まとめ

Q.自分のサイトが勝手にUltraRankingに勝手にジャンプするようになった。どうすれば治るの?
A.アクセス解析サービス、Ultrarankingを使ってませんでしたか?
心当たりがある人は、設置してたタグを削除しましょう。そうすれば治ります。

Q.読みたいサイトにいったら、ultraranking.comにジャンプして読めない。どうすれば読めるの?
A.Javascriptをオフにすれば、回避できるでしょう。
ブラウザやウィルス対策ソフト等の設定でブロック機能があれば、ultraranking.comドメインごとアクセスできないようにしてしまうのも有効です。根本解決するにはそのサイトの管理者さんが対処するのを待つしかないです。もし管理者さんに連絡取れるなら教えてあげてください。

Q.いつからこうなったの?
A.自分が発見したのは、2013年8月27日。whois情報から推測すると、2013年8月17日以後から。

Q.原因は何?
A.推測入ってますけども・・・
昔々、UltraRankingというアクセス解析サービスがありました。
2011年ぐらいまではサービスは正常でした。
その後サービスが終了し、ultraranking.comのドメインが手放された後、
そのドメインを取得したどっかの広告会社が、
UltraRankingの解析タグを使ったページのアクセスを、
広告ページに強制誘導する仕込みをした結果、
UltraRankingの解析サービスの設定を消してないサイトが、
広告ページに勝手にジャンプする動作に変わっちゃいました。

Q.なんでこんなおかしなことが起きるの?
A.難しい話になるので、
「ドメイン 失効 乗っ取り リダイレクト」
とかでググってみてください。

なお、ultrarankingのタグが原因でリダイレクトされる現象は、
ウィルスに感染したとか、パスワードを破られて改竄された、のとは違います。
その辺の心配は無用かと。

|

« 期限切れドメイン悪用の間接被害にあった。さようならUltraRanking | トップページ | 赤城山ヒルクライム反省点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48852/58084733

この記事へのトラックバック一覧です: UltraRankingに勝手にジャンプする件、対策とか簡易まとめ:

« 期限切れドメイン悪用の間接被害にあった。さようならUltraRanking | トップページ | 赤城山ヒルクライム反省点 »