« DPZここはどこでしょう第11回のおまけ問題 | トップページ | 鬼怒川上流4ダム見学会(2014年7月27日) »

タイピングラップラー刃牙やってみた

ニコニコでグラップラー刃牙のアニメ一挙放送があったのがきっかけで、「タイピングラップラー刃牙」を遊んでみた。

普通のブラウザゲーは、時間と課金の勝負のイメージがあるが、タイピングの実力が反映されるなら、無課金でも楽しめるんじゃないか?と期待。

タイパー視点で見た特徴はこんな感じ
・短文多め、初速が重要
・「大相撲」を"sumo-resuringu"と打たせたり、「ッ」を多用するワードもあり、ワード慣れは必要。ワード数は少ない。
・ミスには寛容で0.5秒ぐらい硬直するだけ。ノーミスのボーナスも大して重要ではない。
・ゲーム内の戦闘力は、リアルのタイピングの実力+揃えたカードで決まる。
・課金なしでは良いカードを手に入りにくく、2chによると課金をしてもレア率はあまり高くないらしい。
・対戦機能はあるがゴーストが相手

2chのスレ見ながら適当に遊んだら、QUEST10までは無敗。QUEST11から敵も必殺技を使用してきて、僅差の勝負になりつつあり、ついに初敗北。Epi4では歯が立たずに圧倒された。もしかしたらQUEST11に入ったタイミングで難易度調整入ったのかも。

ここからはタイピングのリアル実力だけじゃなく、ゲーム内のLV上げや良カード集めも必要なようだ。
PS:その後イベント期間の間にアバター変えたりLV上げたりして、イベント1位の人を助っ人につけて勝負したら圧勝できました。

続いて、このゲームの注意点、それは寝起きのタイピング。

ゲーム内には「体力」「BP」という2種類の時間回復する資源があるのだが、すぐに資源が空になるので、連続して長時間遊べない仕組みになっている。そのため、寝落ちして深夜に目覚めた時とか、そのまま寝たら満タンの資源がもったいないから、資源全部消費してから寝ようと目論むのだが、一種のスポーツであるタイピングを寝起きにするのは健康に悪い。

朝起きた直後も同様。ちゃんと目が覚めてから遊ぶようにしたい。

|

« DPZここはどこでしょう第11回のおまけ問題 | トップページ | 鬼怒川上流4ダム見学会(2014年7月27日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48852/59934871

この記事へのトラックバック一覧です: タイピングラップラー刃牙やってみた:

« DPZここはどこでしょう第11回のおまけ問題 | トップページ | 鬼怒川上流4ダム見学会(2014年7月27日) »