« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

【電波塔200】貧脚なのでガチで平地200Kmブルベに挑んでみた(後)

BRM120日本橋200_2018、電波塔200の後編です。

ブルベ当日、まずはスタート地点に{遅刻せず・忘れ物せず・朝食食べて}到着できるかどうかが、最初の山場。

普段なら、寝坊したらそのまま二度寝することもできるし、忘れ物しても致命傷になりませんし、時間気にせず朝飯食べて出発すればいいわけですが、ブルベの場合、寝坊や忘れ物で失格になってDNF記録が残ってしまう羽目になるので、プレッシャーが大きいです。

目覚ましを3種類セットし、ブルベカードや反射ベストなど持ち物準備して就寝。朝起きたらブルベ準備に加えて、ブラウザゲームのスタミナを消化して出発。スタミナ制のゲームは遅刻の要因になるので要注意ですね。

さて、ブルベ装備は、普段のロングライド装備とほぼ同じ、違うのは反射ベストとメットの尾灯追加ぐらい。他の参加者と違うだろう所は、フラットペダルにウォーキングシューズに厚手の靴下での防寒して、ボトルはペットボトルなところ。都市型ブルベなら、フラットペダルだろうとペットボトルだろうと不利ではないし、むしろ有利な気さえします。

天気予報によれば心配していた北風は穏やかなので、無理せず普通に走れば認定得られるはず。スタート地点到着して、車検をすませ、トイレをすまし、手足を冷やさないよう工夫しつつ、スタートOKのアナウンスを聞いて出走。

貧脚なので、1秒も無駄にせずスタートしたのですが、そんなことをしてるのは自分だけでフライングじゃないかと心配になっちゃいました。他の人はゆったりしていて、スタート時点で信号1つ以上差をつけることができました。その後、豪脚集団に抜かれたものの、集団最後尾で最初のチェックポイントスカイツリーに到着し、先程抜いて行った皆様がじっくり写真撮ってる間に、最小限の行動で全員抜き返して出発。

ブルベでトップを走ること自体初めてですが、私の知ってる(同人誌等で読む)ブルベでは、時間を少しでも節約するためのテクニックを身に着けたベテランだらけのイメージだったので、先頭集団がとてものんびりしているのに驚きましたw

その後速い人たちには抜かされまくりながらも、船橋付近に到着。遅い自分を先頭に集団が形成されてしまったので最後尾に移動。

千切られかけながらも、信号多いおかげで集団最後尾のまま船橋三山送信所に到着。皆さんが写真撮ってる間に集団のほとんどを抜き返しました。複雑なルート部で先頭は大変なので、集団最後尾に移動して楽ができました。

この辺は鉄塔以外にも良い雰囲気の神社など、写真を撮りたいスポットがコース上に多くあり、信号峠の疲れが癒されます。その後は、撮影箇所で抜いた人たちに続々と抜き返され、やがて完全に千切られ、途中から一人旅で千葉ニュータウンのコンビニに到着。コンビニですがタイムチェックがないのはありがたいです。信号峠でも無理せず安全に走れるようにとの配慮でしょうか。ここまで45Kmを2時間30分なので、信号峠にも関わらず30分の貯金。

高価なガーミン外して鍵かけたりしているのは自分だけみたいな違和感を感じつつも、最小限の行動で7分後に出発。先着して休憩していた人達のほとんどを抜き返して出発。

快走区間で貯金増やして、鎌ケ谷消防署前のT字路で右折レーンに。後続の人たちが右折できずに戸惑ってるのを見て、試走して得した優越感に浸ったりしつつ、通過チェックの江戸川CRの看板に到着。

ここから江戸川CRを北上する30Kmは信号2つだけ、土手上をひたすら走るだけの単調な区間。向かい風は弱めなので、巡行20Km以上は出ました。強風の中を試走しているので、「20Kmしか出ない」とネガティブに受け止めずに、「向かい風なのに20Km切らない、幸せ!」「横風でハンドルを取られない!幸せ!」とポジティブに走ることができました。

ただ、10Km走ったあたりで尻が痛くなってきたのは計算外でした。スタートから80Km程度で尻が痛くなるのは、まだ新車のサドルになじんでないのか、江戸川CRに入ってから信号ストップもなくポジション変えずに走り続けたせいなのかもしれません。

他の参加者の方では、音楽流しながら走ってらっしゃた方やダンシング混ぜながら走ってる方もいらっしゃって、単調な区間でモチベーションを保つ工夫なのかな、自分と同じように尻が痛くてダンシングしてるのかな?など思いつつ、辛抱の走りで江戸川区間終了。

その後、加須のCPに到着した頃には貯金が十分増えてタイムアップの心配はなくなったのでゆっくり13分も休憩。

そして桶川まで順調に進んだ後、17号の渋滞に耐えて、荒川付近の平野原送信所到着。ゆったり写真とって3分ロス。

Img_1550_3

次のCPのデイリーヤマザキ手前で異常に路面が荒れていたのが謎。普通にパン買ってトイレ行っただけの記憶しかないのですがログ上では13分も休憩。いろんな種類のパンに見とれていたのかも。

その後、田無タワーことスカイタワー西東京を通過。普段ここを通る時は毎回夜で怪しく輝く印象が強いだけに、昼間のタワーが別物のように感じます。
Img_1552_2

その後は、路肩も広い十分ある大通りなので渋滞も苦にならずに順調に進み、ものすごい豪脚の方がものすごい勢いでコースミスしていき、再び抜き返されたりしつつゴール。

ゴールでは「おにぎり」と呼ばれる反射グッズを購入。以前からブルベで大人気という噂を聞いていたものの、尾灯で十分でしょ?と思っていたのですが、実際に装備して走っている人を見ると、昼間でも目立つし、風や振動で反射が変化して注意を引き立てるのが効果抜群だなと感じました。
Img_1554

そういえば、尾灯6個におにぎり2つ装備していた参加者の方もいらっしゃったような。ブルベは安全装備の見本市で勉強になります。

暫定リストによると完走者の真ん中ぐらいの順位だったようです。自分は試走で電波塔の鑑賞を済ませていたり実力差がつきにくい信号峠の影響を考えると、自分の脚力はまだまだだと思いますが、貧脚でもコンビニや撮影ポイントで時間節約すればブルベもなんとかなる自信がついたので、

次回200Km参加する時は必死に試走したりせずに、初見でのコースミスや風景を楽しむ余裕をもって参加してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »