洋山深水港の観光メモ

上海の洋山深水港に行ってきました。日本語の情報があまりなかったのでレポ残します。

Dsc01983

(1)きっかけ
行ったきっかけは、上海でゲームイベント(Ingressのミッションデー)が開かれるので、そのついでの観光。

(2)行き方
洋山深水港は、上海市街から公共交通機関だと片道3時間以上(電車2時間バス1時間)かかるので、時間の大事な旅行者にとっては交通手段はタクシー1択。

行きは浦東空港から約1時間で到着。運転手さんに「有料観光区域入口の駐車場までよろしく」と伝えても、島内の駐車場の場所がわからずガイドする羽目になったので、遊覧区入口の駐車場までピンポイントで場所を示せるよう準備しておくといいでしょう。

帰りは、1時間ちょっとで上海市街まで戻れましたが、目的地着く前にチャーター時間オーバーしそうだったのと、
渋滞気味だったので、川沙駅で下ろして頂き、そこから地下鉄での観光に切り替えました。

(3)時間
13:15、空港でタクシーチャーター開始
14:20、港に到着
15:45、港を出発
~滴水湖寄り道~
17:15、川沙駅

観光区域は、コンテナ施設見学できる最深部まで往復して1時間30分ぐらいでした。

(4)費用
タクシー4時間チャーターに日本語ガイドさんつけたりして、合計1,846元で、日本円にして約2万8千円。

ガイドさん抜きにすれば、約1万8千円ですね。
※タクシーの手配は旅行代理店に任せました、G20直前の時期で検問等で通訳必要になるリスクを指摘されたので日本語話せるガイドさんを頼みましたが、結果としては杞憂でした。

内訳詳細は、
タクシー4時間チャーターで660元
日本語ガイド660元
高速料金40元
駐車場代10元
距離延長料金436元(50Km超えると1Kmあたり4元)
遊覧区域入場料30元

複数人で行けば、一人あたり数分の一になるのでもっと安くなるでしょう。

(5)観光区域のコースについて
有料です。駐車場から往復1時間30分ぐらい歩きました。

コンテナ施設見学だけでなく、自然の岩山や、昔の塔?などの景色も楽しめるコースです。
Dsc01956

「上海洋山深水港石龙景区」で検索すると雰囲気わかると思います。

平日だったせいか人は少なく、北側の景色のいいところを子連れの家族が楽しんでいた感じで、南側のコンテナ風景を楽しんでいたのは私だけでした。

夏場はペットボトル1本でも足りないかもしれませんので、水分を持ち込むのを忘れずに。駐車場には、水や軽食を売ってる売店、トイレがあります。

(6)警備など
ネットで検索すると、昔は高速道路入口に検問があって、通行証の記入が必要とかあったようですが、行ってみると検問所は無人でした。杭州でのG20数日前だったので、警備強化の可能性もあったのですが杞憂でした。観光区域はコンテナ施設とは隔離されたエリアなので、警備員さんなどはいませんでした。

(7)最後に感想
東京湾などの都市直結の港と比べると、自然の岩山とコンテナの組み合わせが異様だったり、展望タワー登って見る代わりに岩山ハイキングする羽目になるのが特徴的でしたね。

P_20160902_152709

港がすごいことはWikiや地図を見ればわかってましたが、・・・いや、凄すぎて実感わかなかった所が、現地に行くとよくわかりました。
P_20160902_151233_hdr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報武装して登山(陣馬山~高尾山)

ヤマノススメの影響で登山にチャレンジしてみた。

自転車旅でアウトドアの基本装備や経験はあるが、登山に関しては初心者なので、徹底的に情報武装して臨むことにした。

コースは、陣馬山~高尾山。

<準備>
・コースのGPSデータを探すと、ヤマレコにたくさんあるので適当なものをダウンロード。
・天気予報と風向きチェック、日没時間チェック
・富士山を見るには陣馬山を先に行くのがよさそうと判断。バスを使わなくてよい藤野駅からのルートを自転車用ナビ(GarminEdge800J)に仕込む。
・スマホ(iPhone5S)にDIY GPSという登山アプリをインストール。マップの仕込みが面倒だったが、睡眠時間削って前日夜準備完了。
・藤野駅付近のコンビニ(藤野PA)は登山ルートからちょっと外れてることは知っていたので、自宅付近のコンビニで食料を買い込んで出発。


Dsc09920

271

藤野駅到着し、7:26出発、移動6h、休憩1hで、日没まで2h残るし、最後はロープウェイを使うなり舗装路を降りる手もあるし、安全マージンたっぷりの計算だ。

Dsc09930
登山口への道の自販機でペットボトル3本購入。結局2本弱しか使わなかったが、1時間300ml計算だとこれでも足りないか?途中の茶屋で水は買えるのか?と不安に思いながら出発。

そこそこの勾配を登ると陣馬山到着。谷側の和田峠を自転車で登る時は、急勾配の長い直登があったり、山の上に九十九折が見えるような心が折れるようなポイントがあるが、それに比べると、日陰で、変化に富んでいて楽しいコースだった。

また、スマホに仕込んだDIY GPSが、10分置きぐらいに、時刻と標高などを読み上げてくれる。カスタマイズすればさらに面白い使い方ができそうだ。

Dsc09958

Dsc09955

Dsc09959

陣馬山は360度見渡せて、天気も良く、富士山も見えた。

7926

今日のコースの標高ピークまで登ったので、後は軽いアップダウンしながらゴールできるはず、

Dsc09972

尾根筋からの景色も期待していたのだが、低山なので両側に木が視界を遮ってる状態。両側に絶景を眺められるような登山をいつかしてみたい。

Dsc09986

やがて景信山に到着して、休憩。

Dsc09997

茶屋に食べたいものがたくさんあったが、補給食が大幅に余りそうだったので、注文は天ぷらのみ。加えて補給食をもぐもぐ。

Dsc09996

食べ終わってから、天ぷらの写真を撮り忘れたことに気付く。

13597

コースは残り半分、体力的には余裕だったのだが、飯食った後の油断もあり、道を間違える。

Photo

茶屋で休憩を終えてトイレに行って高尾山方面に出発したはずが、トイレがあったのは進行方向ではなく別ルートの小仏バス停方面で、急斜面を標高差90mを無駄に降りてしまった。ミスした自分にいらつきながらその急斜面を登りかえしたのが本日の心拍数MAX地点。

賢いナビはルートミスの警告音を出してくれるのだが、コースからちょっと外れたトイレに寄るだけとか、電波のないトンネルやコンビニ内でも警告音が出るものなので、いつも通り無視してしまったわけだ。

Dsc00007

小仏峠通過し、

Dsc00014

相模ダムを見れるポイントを通過し、

Dsc00028

Img_0378

城山で2度目の休憩。茶屋でカップ麺を食べ、スマホも充電開始。スマホはGPSアプリ起動してると1時間に10%ぐらい電池が減ってくので、充電機必須だ。

Dsc00029

スマホの画面を撮ったつもりが、紅葉が撮れてたり。

Dsc00031

Dsc00032

ゴールは近づいてきたが日も傾いてきた。

Dsc00034

Dsc00040

高尾山頂上付近で何故かタヌキに遭遇。

Dsc00044

高尾山は人が多い、外国人も多く、山に来たというより、観光地に来たという感じ。

24470

Dsc00051

紅葉の季節のせいか、混雑対策の通行制限もあり。

Dsc00055

ヤマノススメに出てきた6号路を下り下山。人が多く歩きづらいが、ここは谷筋で、川の水音を聞きながら歩けるのは新鮮。

Dsc00070

そして下山。

28756

28765

登山もいいものですね。またチャレンジしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい坂!

すごい坂を見に行く
http://portal.nifty.com/koneta05/11/12/01/

実は坂マニアなので(*´д`*)ハァハァ
東京でこんな坂みたことない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)